FC2ブログ
二次は二次でも、中身はほぼergばかり。体験版の感想が主なコンテンツです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年総評 -グラフィック-
2010年03月31日 (水) | 編集 |

グラフィック

今日からはまた作品賞に戻るわね。
項目はグラフィックよ。
今までの項目に比べると、
選ぶ基準が分かりやすい気がしますね。
基準としてはだいたい次の4つね。
1.自分の絵の好みとの合致具合
2.イベントCGの枚数
3.衝撃のある(あるいは印象深い)CGの有無
4.遊び心
1~3は分かりますけど、
4の遊び心というのはどういうことなんですか?
まぁ、付加価値的なグラフィックについての評価ね。
具体的にはSD絵の有無や、
服のバリエーションなどが遊び心に分類されるわ。
なるほど~。
ちなみに1~4の中で特に重視しているものってあるんですか?
んー、特にコレを重視というのはないわね。
強いていうなら4の重要度は少し低いかもしれないわね。
遊び心はあってほしいけど、
なくてはいけないというものではないしね。
( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・
あとは……作品の雰囲気とのマッチというのも、
もちろん重要となってくるわね。
グラフィックはいろいろとポイントがあるんですね。
ただ、最後は結局好みの問題に帰着するけどね。
それじゃ、そろそろ発表に移るわね。
2009年グラフィック部門の優秀作品はこれよ!
BALDR SKY BALDRSKY Dive1 BALDRSKY Dive2
BALDRと言えばこの人!
「まよチキ!」でラノベ界でも名が浸透してきた
菊池政治さんが原画を担当しているわ。
今までBALDRの原画を担当してきたので作品との相性はバッチリ。
それに絵自体も好みだったしね。
あとはメカデザインがすごくかっこよかったのも大きかったわ。
そして惜しくも次点になった作品はコチラです。
きっと、
澄みわたる朝色よりも、
きっと、澄みわたる朝色よりも、 通常版
今までの作品と比べると趣向が変わりましたが、
それでも丁寧に描かれたグラフィックには心を掴まれました。
特に作品の雰囲気とすごくマッチしていたのは大きかったです。
所々で印象深いCGがいくつかあったり、
SD絵を多用していたところもポイントが高かったです。
ただ、SD絵はそこまで好みの絵柄ではなかったのが残念でした。
とまぁ、こういう結果になった訳だけど、
今回はいつも以上に迷ったわね。
えっ、でも、基準がいつもより明確な分、
決めやすいんじゃないかと思ったんですけど。
まぁ、ある程度まで絞るのはラクよ。
でもそこから最終的に選ぶのがたいへんなのよね。
それにシナリオやテキストに比べて軽視してる分、
あまり良し悪しの判断がつかずに迷ってしまうのよね。
まぁ、最近はどこもレベルが上がってきましたしね。
だから最終的には印象の強かった作品を持ってきたわ。
ちなみに他には候補として、
コミュやましフォニなどが挙がってました。
どれも良いグラフィックだったわね。
コミュはバトルやアバター関連の絵や良かったわ。
ましフォニは作品の雰囲気をよく引き出すような感じね。
ちなみにその2作を凌いで選ばれた決め手は何ですか?
んー、まぁ、さっきも言ったけど印象度ね。
ましフォニやコミュはグラフィック意外にも
特筆すべき点がいくつかあったわ。
それに対してきっと、澄みわたる~は、
グラフィックが"一番"特筆すべき点だったということね。
でも、BALDR SKYはシナリオやシステムもすごかったと思うんですけど。
ああ、あれは例外ね。
作品全体の印象が強かったから別格ともいえるわ。
そういうものですか~。
じゃあ、そろそろお開きにしようかしら。
次回は作品賞の番外編をやるわ。
え~、何をやるんですか? 教えてくださいっ!
次回まで楽しみに待ってなさい。
じゃあ、2009年グラフィック部門優秀作品は「BALDR SKY」。
次点は「きっと、澄みわたる朝色よりも、」です。


テーマ:美少女ゲーム
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。