FC2ブログ
二次は二次でも、中身はほぼergばかり。体験版の感想が主なコンテンツです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こなゆきふるり 感想メモ
2008年03月29日 (土) | 編集 |
昨日ブルームハンドルより発売されたゲーム、
こなゆきふるりについての感想を簡単に書いていきたいと思います。
ただ、いつものように各キャラのストーリーについてだらだらと書くのではなく、
良かった点と悪かった点という観点からの感想をメインに書いていきます。


☆良かった点

○ぺこさんが描いてるだけあってグラフィックが良かったです。
  特にここ!っていうところで良いイベントCGを描いてきたり、
  ところどころでデフォルメ化された絵があったことが好評価です。
○良くも悪くもキャラがしっかりたっているということ。
○カーリングや北海道という地方を取り上げているということで、
  もの珍しいものが多くてちょっと新鮮な感じがした。
○全体的におだやかな雰囲気があってまったりとしているところ。
○全体的な分量はたいしたことないので手軽な感覚でできる。
○サウンドモードを除けばシステムが概ね使いやすいこと。
○冴子の性格や行動がツボったw


★悪かった点

○シナリオがあんまりキャラの深いところまでは触れず、
  なんだかあたりさわりのない感じがしていまいち琴線にふれなかった。
○メインの3人とそれ以外とでの扱いの差があること。
  特に咲√はおまけ的な扱いといって過言はないと思います。
○監督という立場もあって主人公がやや空気なところがある。
  また熱くなるようなシーンでもいまいち燃えが物足らなく感じがする。
○音楽が全体的にそこそこ程度で印象に残らないものが多い。
  またサウンドモードも使いにくいように感じた。
○特にサブキャラを中心に変人が多く(っというか変人ばかり)、
  正直言って一部のキャラにはうんざりする部分もある。
○各キャラのストーリーの分岐点までが長く、
  2週目以降は√に入るまでが少々退屈になるyこと。
○カーリングなど物珍しい感じはしたが、
  もう少し深くつっこんでいろいろと書いて欲しかった。
  後半はほとんどカーリングが関係なくなってきてたりするし。


一通り思いついたことを書いていきました。
こういうのも難ですが少々期待はずれなところがありました。
ただグラフィックや雰囲気は良いので、
まったりと楽しみたい人にはいいのではないかとも思います。
ただ、あまり期待しすぎると痛い目を見るかもしれませんがw




テーマ:美少女ゲーム
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。