FC2ブログ
二次は二次でも、中身はほぼergばかり。体験版の感想が主なコンテンツです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リトルバスターズ!エクスタシー 感想メモ③
2008年07月31日 (木) | 編集 |
馬鹿√攻略完了。
っと言う訳で、早速沙耶√の感想といってみようか。
ちなみにそこそこのネタばれを含むので、
そうゆうのが嫌いな人は見ないほうがいいかもです。


○沙耶

うん、沙耶はリトバスEXのメインヒロインだわ(ぉ

とりあえず沙耶√の分岐点としては、
15日の夜にノートを取りにいくかどうかかポイント。
後は、次の日に沙耶と会うことができれば無事ルート突入です。

沙耶√はとにかくギャグの多さが一つ目立ったところでした。
また沙耶自身についても自虐ネタなどもあり、
おもしろさや楽しさという点では他の√よりも群を抜いていたと思います。
特に馬鹿√はマジでヤバイwww
ゲーセンでの理樹の行動なんてアウト過ぎて吹いたわw
ってか、あれじゃもうただの変人つうか変態ですw(ぁ
またリプレイにおける沙耶の壊れっぷりもすごかったw
挙句の果てには一人でノリツッコミをするまでに・・・。
いや、まぁ、わざと罠に引っかかりにいく俺も俺なんですけどね。
しかもあの風音さんが声をやってるせいか、
そうゆうノリが無茶苦茶あってるところがさらにツボでした。
ただ、困ったことが一つ。
今までの風音さんの印象がお姉さん系ばっかりだったので、
なんか声を聞いていると年上に感じられてしょうがないw
ただ沙耶の年齢的にはとしし(ネタばれのため削除

シナリオ自体の評価については、
正直言ってヒロインの中では一番好きなシナリオかもしれません。
大筋のシナリオとは直接的な関係はないものの、
全体のシナリオに対して幅や深さを与えるものだったと思います。
まぁ、そんなわけで必要ではないものの、
全体の中での意味合い的には重要なものではあったと思います。
特にラスト部分での沙耶のセリフというのは、
非常に重いものが多く聞いていて胸に突き刺さってきましたね。
ただ、やっぱりもっと救いが欲しかったなーと思ってしまいます。
まぁ、沙耶√があること自体が、
ある意味一つの救いではあるのでしょうけどやっぱりね・・・。
あとはEndが反則的でしたね。
沙耶専用の曲が用意されたエンディングとなっていまして、
√をやり終えた後に流れてくるともうホント感極まってきちゃいましたね。
もうホント沙耶√をやれただけでも、
リトバスEXを買った甲斐があったと本心から思います。


まぁ、とりあえず沙耶√はとにかくやばかったと。
俺の中ではおもしろさという点でも、
感動という点でも頭一つ突き抜けてる感じがあります。
とりあえずEnd曲も含めラストはホントに心にきました。
もしリトバスをやってEXをやっていない人がいるのならば、
是非ともお金を惜しまずに買ってプレイして欲しいと思います。

沙耶√をプレイして心に残ったセリフを2つ。
とりあえずネタばれ満載なので未プレイの方は絶対に避けるべし!
見たい方は続きからどうぞ。
結構gdgdだったりするので注意!(何に注意するのかは知りませんがw


一つ目は時津風との会話でのセリフですね。
「こんなところに、あたしが駆け抜けたかった青春があったからっ・・・。
だったら、身を寄せるしかないじゃない!」というやつです。

このセリフはなんていうか沙耶の全てを表してると思いましたね。
そして多分この中で最も駆け抜けたのは沙耶なんだろうなと思いました。
もちろん他のキャラも十分過ぎるほどに駆け抜けていたと思います。
ただ、沙耶に関してはもうそれしかないという印象を受けました。
自分がもう死んでしまってことが分かっていて、
いつか来るべきはずだったものも永遠に来なくなって。
世界にとって自分がイレギュラーなものであることも分かっていて、
ただそれでも自分が掴みたくて一生掴めなくなったものがそこにあったから。
自分が願ってやまなかったものがあったなら、
もうそれは精一杯駆け抜けるしかないそんな感じでしょうか。
特にこれが終わってしまえば、
もう本当に終わりというのがわかっいるのがつらいですね。
支えてくれる仲間や残したい人というのがない分、
本当にただもう駆け抜けるだけでいいんだという印象を受けました。


もう一つはラストの地下の部屋にて。
「あたしと出会うルートは・・・バッドエンドなのよ。
そういう終わりしか、ここにはないの。」

先ほどの言葉が沙耶を表しているのだったら、
これは沙耶√の全てを表している言葉だと思います。
この世界に対して沙耶という存在はイレギャラーなものなんですよね。
そこに望んだ世界があったから自分のわがままで身を寄せているだけ。
だからそれに対して充分な終わりは存在しないんだろうと思います。
またリトバスEXのゲームとして捉えたとしても、
リトバスから見ても完全に後付けされたキャラクターとなっています。
だからそうゆう面から見ても完全に沙耶はイレギュラーな存在なんですよね。
だから沙耶がいなくても全然ゲームが成り立ちますし、
逆に存在する方が大筋のシナリオとしては困ったことになります。
だから沙耶が本心から望むような終わりを与えたくても、
それをしてしまうとあの世界がくずれてしまうので与えることが出来ない。
だから結局はそうゆう終わりしかない・・・とそうゆうことなんだろうと思います。


正直言って、もっと沙耶に対して救いがあって欲しかったと思いますが、
やっぱりEnd曲を聴いている納得せざるを得ないよなとも思ってしまいます。

テーマ:美少女ゲーム
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。