FC2ブログ
二次は二次でも、中身はほぼergばかり。体験版の感想が主なコンテンツです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋ではなく ――It’s not love,but so where near. 簡易感想
2011年08月17日 (水) | 編集 |

『恋ではなく―― It's not love, but so where near.』を応援しています!


タイトル恋ではなく ――It’s not love,but so where near.
メーカーしゃんぐりらすまーと
ジャンル青春群像劇ADV
発売日2011/05/27
シナリオライター早狩武志
原画トモセシュンサク
音楽Barbarian On The Groove
オープニング曲「ReflectionS」
歌:Barbarian On The Groove feat. カヒーナ
作詞:wight / 作曲・編曲:mo2、wight
エンディング曲「Dancing in the Moment」
歌:佐藤ひろ美 / 作詞:RUCCA / 作曲・編曲:藤田淳平
「深淵の絆」
歌:eufonius / 作詞:riya / 作曲・編曲:菊池創
挿入歌-
備考-
簡易感想青春群像劇というだけあって、悩み葛藤する様が良く描けていたと思います。特にグランドルートは最初の展開は他とは違っていたため、新鮮な感じでプレイできたのが良かったです。ただ、キャラに対し強く違和感を覚える場が稀にあり、そこが残念でした。
攻略順序扶→亮輔→尚人→グランド
一押しルートグランド:最初の展開やラストが面白い
一押しヒロイン祐未:まぁ、祐未しか攻略できませんしね
一押しBGM「A Dessert Time!」、「ReflecionS_MusicBox」



シナリオ    A
テキスト    A
キャラクター  A
グラフィック  S
サウンド    A
システム    B
エロ      C

総合     A
 
レビューは時間と気力があれば。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。